西東京の日蓮宗柴又帝釈天別院 明観寺 むさしの霊園は、永代供養とペットと一緒に入れるお墓で管理費の安い霊園です。

お墓をご検討中の方へ

お墓は親類縁者に関係し、代々受け継がれていく、とても大切なものです。お客様に理想的なお墓づくりをしていただくために、ここではいくつかの重要なポイントについてご説明いたします。

墓石について

墓石のデザイン

オーソドックスな「和型墓石」や、東日本を中心に人気がある横長の「洋型墓石」に加え、近年では故人や施主の想いを形にした「ニューデザイン墓石」も普及してきています。まさに、従来のお墓のスタイルに縛られない自由な形式の墓石といえるでしょう。

石材の種類

一口に墓石といっても、その材質は多種多様です。古くから風土に馴染み愛されてきた国産の石材をはじめ、世界中の様々な石の中からお好みのものを選べる時代になりました。また、ブランド石材として珍重されている石もあります。

石材店選び

どれだけデザインや石材がよくても、実際に墓石をつくる石材店がよくなければ、本当に納得のいく墓石はできません。また、石材店とはお墓の購入後も、墓石の修繕や納骨法要などでお付合いが続きます。慎重に選んでください。

墓地選びの心得

墓地を選ぶポイントは「どんなお墓をつくるか」の一点に尽きます。墓地によっては墓石の形が制限される場所もあるので、注意が必要です。
他にも、以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。

立地、交通の便はどうか

立地、交通の便などは、お墓参りのためにも事前にきちんと確認しておくべき内容です。また、墓地の景観や環境なども忘れずにチェックするようにしましょう。

墓地の形態や宗旨・宗派の条件はどうか

墓地はその形態により、それぞれ特徴があります。公営霊園や民間霊園のほとんどは宗旨・宗派等の条件はありません。一方で寺院墓地の場合は、そのお寺の宗派とあっているか確認する必要があります。

施設や管理体制はどうか

法要施設や駐車場、休憩室などの施設の他、バリアフリーへの配慮がされているかなども、墓地選びの大切なポイントです。また、毎年継続して管理費を納めることになるため、その墓地の管理体制がどうなっているかも事前にチェックしましょう。

お墓にかかる金額

永代使用料と墓石工事代を合わせたものが、お墓をつくる際にかかる総額になります。これには、お墓として使用するための墓地と墓石の費用も含まれます。

永代使用料(墓地使用料・墓所使用料)

墓地を永代にわたって使用するために、霊園やお寺、自治体といった墓地所有者に支払う使用権利料です。

墓石工事代

墓地に墓石を建立するための費用です。墓石、納骨棺、外柵、花立、香炉などの石材製品や、花立水鉢、香炉皿などの付属品、さらに工事や彫刻等にかかる代金がすべて含まれています。

その他

墓地を維持するための管理費や護持会費のほか、納骨や法要など供養のための費用が発生します。むさしの霊園では、管理費3,000円からとなっております。

お墓の法律

税金

お墓に課せられる税金は、墓石工事代にかかる「消費税」のみです。墓地の所有権はあくまでも墓地を管理する側にあるため、購入時の「取得税」や、継承する際の「相続税」はかかりません。

お墓の継承

お墓の継承は「墓地の使用権を引き継ぐこと」と「祭祀主宰を引き継ぐこと」の2つを意味します。一般的にその家の長男が継承するのが慣習ですが、血縁者であれば女性でも引き継ぐことができます。

墓地の譲渡

前述のとおり、墓地の所有権は墓地管理者側にあるため、第三者に譲渡・転貸することはできません。改葬などでこれまで使用していた墓地が不要となった場合は、墓地管理者に申し出て所定の手続きを行う必要があります。

永代使用権

墓地を永代にわたり使用する権利です。この権利は、墓地の規定に基づいて定められた条件を満たすことで、お墓の継承が続く限り行使できます。ただし、この権利を第三者に譲渡、転貸することは認められていません。

墓埋法

正式には「墓地、埋葬等に関する法律」といいます。お墓や埋葬について定められた法律で、墓地を設営・運営するには、都道府県知事の認可を受けなければならないと規定しています。また、埋葬、納骨、改葬にはその許可証が必要となるので、許可なく墓地を設営したり、納骨したり、一旦納めたお骨を出したりすることは禁じられています。

Page Up