初めての方でも安心な西東京の日蓮宗柴又帝釈天別院 明観寺 むさしの霊園は、永代供養とペットと一緒に入れるお墓で管理費の安い霊園です。

霊園の特徴

一般的に「墓地・霊園の区画の申し込み」と「墓石を購入して建立する」ことをまとめてお墓を建てるといいます。
お墓を建てるということは「永代使用権」を購入するということになるのですが、霊園・墓地によってその環境や条件も様々で、簡単に建て替えたり引っ越ししたりすることができません。お墓を探す前、建てる前には、入念なチェックが必要です。

お墓を建てる前に

お墓を建てることになったら、まず墓地を探すことからはじめます。予算や立地など、優先する条件を決めて、慎重に選んでください。
墓地の種類は、主に次の3つになります。

民営霊園

民営霊園とは、非営利目的の公益法人や宗教法人などが経営している墓地のことです。
宗旨・宗派を問わず、好きな区画、好きなデザインの墓石が選べるなど、他に比べて制限が少ないのが特徴です。多くが環境のよいところにあり、公園墓地とも呼ばれております。

寺院墓地

寺院墓地とは、お寺が境内で経営している墓地のことです。
購入対象となるのは、一般的に同じ宗派の人、すでに檀家になっている人、購入をご縁に檀家になる人に限られます。ただし、お寺によっては宗派を問わず墓地を購入できるところもあるようです。

公営霊園

公営霊園とは、都道府県や市区町村などの自治体が所有している墓地のことです。
宗旨・宗派は不問ですが、購入者の居住地や遺骨の有無、継承者など、いくつかの条件があります。また、募集に対して希望者が多いため抽選になることが多く、権利を手に入れるのが難しい墓地です。

生前にお墓を建てる

生前にお墓を建てることを寿陵(じゅりょう)といいます。最近では「残された家族に負担をかけたくない」「よい立地条件のお墓を買えるときに確保したい」等の理由から、寿陵を選ぶ方が増えてきています。

「寿」とは長寿など命を長らえるという意味で、「陵」とはお墓を意味します。寿陵=生前墓を建てることは、古くから「長寿を授かる」といわれています。

Page Up